バランスエッグの車への貼り方

バランスエッグは、車体四隅へも追加することで更にパフォーマンスアップ!

車種を問わず、合計9枚使用することで最高のポテンシャルを発揮します。

 

車両中央の1枚がエネルギーセンターとなり、車体下部と上部のそれぞれ四隅を囲むことで安定した「エネルギーフィールド(場・結界)」が形成され、車全体に均一に波動エネルギーが伝搬するからです。

バランスエッグ装着例 センターコンソール付近

まずは車のルームミラー付近に1枚貼り付けてください。

 

クリアタイプの場合は、ルームランプのレンズ部分が目立たず貼れてお勧めです。

 

※およそ車の中心線上であれば、前後の位置はあまり重要ではありません。

 

 

バランスエッグ装着例 フロアカーペット

車両中央の1枚は、フロア、センターコンソール付近でも結構です。

 

敏感な方は、この1枚だけでも、空気感や走り、乗り味の変化を感じていただけると思います。


バランスエッグ装着例 車体四隅(ヘッドライト上部)

次に、前後バンパー下の四つ角に1枚ずつ貼ってください。

 

※真下でも側面でも、貼りやすい場所で結構です。

 

車高があまり高くない車では、ここまでの5枚でも劇的な変化を感じていただけるでしょう。

 

でもまだ変わりますのでお楽しみに。

バランスエッグ装着例 車体四隅(トランク後端)

前後バンパーに貼れない場合、フロントはボンネットを開けてヘッドライト付近へ。

 

リアはトランク開口部、またはフロア床面または側面に貼ってください。

 

 

※貼る場所の素材は、プラスチック、金属、ゴム、布等なんでも結構です。

 

※また、シールに指向性はありませんので、水平、垂直、縦、横、斜め、どちら向きに貼っても結構です。

 

 


車高の高いワゴン、ミニバンでは、バンパー四隅ではまだあまり効果が感じられないかもしれませんが、ご安心ください。

 

天井の四隅にも追加することで、ようやく本来の効果が発揮されます。

 

まずフロントはサンバイザー裏へ。もちろん、ルーフに直接貼っていただいても結構です。

リアはルーフ後端左右へ。

 

天井でも、ピラー上部でも貼りやすい場所で結構です。

 

※車内でも車外でも構いません。また指向性はありませんので、水平、垂直、縦、横、斜め、どちら向きに貼っても構いません。

 

 

以上で作業は完了です!

 

効果はすぐに現れますが、貼り付けて数時間経ってからの方が体感しやすいと思います。

 

その後、数日から1週間かけて更に効果が増していきます。

 

 

愛車の成長とともに、快適ドライブを存分にお楽しみください!



車以外への活用法は?

車同様、オートバイの性能も上がります!

 

しかも、ガソリンタンクへ1枚で!

 

取り回しが軽くなり、低速時のふらつきが大幅に軽減!バイクとの一体感がグーンと高まります!

 

乗り心地も良くなって、ツーリングの疲労も激減!ぜひお試しください!

バランスエッグでリラックス空間を♪

バランスエッグを車内へ設置すると、リラックスした雰囲気が感じられると思いますが、これは車以外へも応用が可能です。

 

例えば、お部屋の床、壁、または天井四隅を囲むことで、リラックス空間を作ることができます。

 

安眠に、健康づくりのお供に、ぜひお役立てください!

また、電磁波対策にも威力を発揮!

 

ノートパソコンの底面四隅に貼ることで、有害電磁波が中和されます。

電磁波過敏症の私は、パソコンはもちろん、スマホにも使用しています。

そして、私のイチオシが炊飯器!

 

炊き立てはもちろん、長時間保温してもご飯が固くならず、冷凍しても美味しさが持続します。

 

奥さんのご機嫌もグーンとアップしますので、ぜひお試しください!

「バランスエッグ インソール」のご注文はこちら!

また、靴やスリッパ、サンダルの「かかと」および「湧泉のツボ」に貼ることで、歩行が安定し、足が軽くなります。

 

仕事、スポーツ、旅行、家事、その他、日々の健康維持に、ぜひお役立てください!

番外編として、スーツケース(キャリーバッグ)に付けると、取り回しが軽くなります。

 

重たい荷物でも、持ち運び楽々♪

 

旅行、出張のお供にぜひお勧めします。

 

 


車へは基本的に「バランスエッグ シール」で完結しますが、ヒューズボックスの四隅へ「バランスエッグ シール・ミニ」を貼ることで、電気的特性をさらに改善することができます。

また、ご家庭の分電盤(主幹ブレーカー四隅)に貼ることで、有害電磁波が中和され、電気代も節約できますので、ぜひ併せてお試しください!