バランスエッグの効力アップ最新情報!

新年明けましておめでとうございます!

 

皆さん、年末年始のお休みは楽しく過ごされましたでしょうか?

 

私は年明け早々風邪を引いてしまいましたが

布団でゴロゴロしたり、ビデオを見てのんびり過ごしたおかげで

素晴らしいアイデアが浮かんできました(^o^)

 

これまでの5ポイント施工法で、ほぼ完ぺきとも言えるのですが

もっと上を目指して、休みの後半は色々と実験をしていました!

 

従来のチューニングの定番である、エアクリーナーボックスや

ラジエターホース、バッテリー、サスペンションアッパーサポートなどなど

様々な場所へ付けてみて、その感触を確かめていたのです。

バランスエッグ装着例 エアクリーナー、バッテリー、ラジエターホース等

すると、それぞれの場所で確かに変化はあるのだけど、あまり面白くない・・・

 

そもそも、バランスエッグは「車に詳しくない人でも簡単に施工できる」ことを重視して開発したので

これでは、HADOO(ハドー)等、他社製品のマネでしかありません。

 

「う~む・・・ウチはウチらしく、もっと簡単で、更に効果を上げる方法はないものか???」

 

と考えている内に、あることを思いつき、さっそく行動に!

 

上手く行けば、少なくともオーディオの音質はよくなるハズ・・・

バランスエッグ装着例 Aピラー フロントガラス横の窓枠

はい、いわゆる「Aピラー」。「フロントガラスの横の窓枠」への施工です。

 

以前GTKさんがここへの施工を推奨されていたので試して見たのですが

さっそく試してみると、これはかなりの好感触!!

 

トルクが太くなり、エンジンの滑らかさがグーンとアップ!

乗り心地のフラット感が増し、オーディオの音質にも広がりが感じられます!

 

 

しかし、しばらく走っていると、ちょっとした問題に気づきました・・・

 

 

助手席側はともかく、運転席側は目から近い場所にあるため

チラチラと視界に入り、どうも落ち着かないのです。

 

慣れの問題もあると思いますが、安全のことも考えないといけません。

 

そこで、考え直してみると、すぐによいアイデアが思いつきました!

バランスエッグ装着例 サンバイザー裏側(ルーフ前端)

はい。サンバイザーの裏側(ルーフ前端)です。やってみると、これが大正解でした!

 

効果はAピラーと同じかそれ以上で、とにかくエンジンが力強く滑らか!

乗り味のフラット感、コーナリングの安定性など、鳥肌ものの変化なのです!

 

通常は、サンバイザーをたたんでおくので、全く視界に入らず言うことなし!

また、サンバイザーを開いた状態でも、Aピラーほどは気になりません。

 

さて、そこで、さらなるステージアップを!

ご覧のように、ルーフ後端にも追加してみると、更にグーでした!

 

包み込まれるような安心感とともに、スイスイ滑るように車が走ります♪

 

トルクは更に上がり、ブレーキングや変速時にも車体はフラットな姿勢を保ち

ピッチングがほとんど感じられないのです!

 

なぜ、この場所を思いついたのか?なぜこれほどまでに変わるのか?

 

 

実は、お正月に見た「スターウォーズ」のビデオにヒントがありました( ̄▽ ̄)

攻撃シーンでたびたび「電磁シールド」という「バリアー」が出てくるのですが・・・

 

四隅を(平面的に)囲むことで結界ができ、効力アップするバランスエッグを

「立体的(3次元的)に応用してみたらどうなるか?」と。

 

つまり、バランスエッグ1個装着だとこんな感じで・・・

バランスエッグ 1個装着 効果イメージ

一応、車全体に作用しますが、分からない人には分からないかも?(^_^;)

 

では、従来の完成形、車両センターと車体四隅の5ポイント施工法では・・・

バランスエッグ 5個装着 効果イメージ

このように、エネルギー密度が一気に高まり、体感度がグーンとアップ!

 

この施工方法は、HADOO(ハドー)やSEV、GTKなどの愛用者様もビックリ!

 

そして、今回の新発見。新たにルーフ4隅に追加すると・・・

バランスエッグ 9個装着 効果イメージ

もう何の図か分からないぐらい(笑)、劇的にバリアーが強化されるという訳!

 

その結果、バランスエッグの効力が分散せず、車内へと集中しやすくなり

エンジンや足回り、ボディ剛性、その他すべての性能が増していくのだと!

 

まぁ、あくまでも推論であり、理論的には説明できない訳ですが

すでにバランスエッグをご愛用いただいている方には

イメージしていただけるのではないかと思います!


バランスエッグのご注文はこちら!