MAGRAVコイル日本語マニュアルできました♪

話題のフリーエネルギー発生装置「MAGRAV」のマニュアルを翻訳してみました~(^o^)

 

原文が分かるよう、敢えて英語はそのままに、日本語を書き添えるスタイルを取りました。

 

大筋は合っていると思いますが、間違っていたらごめんなさい。

 

ここで、長い方のコイルの「162」という数字を消して「135」回転としているのは、こちらの動画(8分45秒あたり)に更新情報が記載されていたからです。 

 

内外の輪が近接していた方が、より効率が高いことが分かったのだそうです。

 

電動ドリルで効率的にコイルを巻く方法が紹介されていますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

え~、上の図を見ても何がどう繋がるのか、訳が分からないと思いますが・・・(汗)

 

こちらの動画で、図解入りで詳しく解説されていますので、ぜひご覧ください。

 

ちなみに、コイルの端をクルンと巻くのはプラズマが外に逃げないようにするためだそうです♪

 

 

さて、ここからの「ナノコーティング行程」ですが、参考までに留めておいた方がよいかもしれません。

 

ガスバーナーを使う方法以外に、「苛性ソーダ」を使った化学的な処理方法があるようで、この後の「Gans」という化合物の生成や、「コンデンサー」部品の製作にも、そちらの方法を使うみたいです。

 

 

ちなみに私はガスバーナーを買った後でしたが・・・(汗)

 

皆さん、無駄な出費の無いようボチボチ進めて行ってくださいね~♪

 

 

さて、コイルの日本語製作マニュアルは以上です(^_^)

 

この後の「Gans」という3種の化合物の製造が「肝」になると思われますが、この部分については文書化されていないようです。

 

 

たびたび紹介しているLeeda Safa氏の動画で概要はつかめると思いますが、何ぶん英語なので、もう少し理解を深めて先に進みたいと思います(^o^)/


フリーエネルギー発生装置MAGRAVのお問い合わせについて

 

最近どなたかがブログやSNS等で、本記事をご紹介くださっているようですね。

 

4/24以降急に「お宅で販売しているのですか?」、「製品の能力、構造、原理について詳しく教えてほしい。」などというお問い合わせが増えています。

 

私は一個人として趣味で設計図を翻訳したり、コイルも作成途上ではありますが、おかげさまで、本業である「バランスエッグ」の製造・販売の方が忙しく、MAGRAVの製作、研究については、その後全く進展しておりません。

 

また、MAGRAVの販売には一切関与しておりませんし、技術的なお問合せにお答えできるような専門知識も持ち合わせておりません。

 

よって、本装置に関するお問い合わせには一切お答えできませんので、予めご了承ください。

 

なお、設計図の日本語訳については、素人訳ですので間違いもあるかもしれませんが、自己責任にて転載いただくのは全くかまいません。

 

フリーエネルギー技術の発展に向けてお役に立てれば幸いです。

 

エコ・ドライブ 代表 大賀 猛