祝!バランスエッグ発売2周年!目指せネコ足!!

みなさん、こんにちは!

 

「月日の経つのは早いものだなぁ~」と感慨にふけっている

タケちゃんこと大賀猛です!

 

おかげさまで、3/25を持ちまして

バランスエッグ発売2周年を迎えることができました!

 

2年と少し前、バランスエッグの構想を思い立ち

「発売すべきか否か?果たして受け入れられるのだろうか?」

と迷っていたところ

 

敬愛するOさんが

「これは世の役に立ちますよ!出すなら今です!」

 

と言ってくださったおかげで

勇気をもって世に送り出すことができたのでした。

 

その後、嬉しいこと、凹むこと色々ありましたが

友人、知人、ご愛用者の皆さまの励ましのおかげで

ここまでやってくることができました!

 

本当に皆さん、ありがとうございます!!

 

 

おかげさまで、良きパートナーから様々な助言をいただき

これから一気に加速していく予感がしています。

 

益々喜んでいただけるよう頑張りますので

今後ともよろしくお願いいたします!


さて、前回は「バランスエッグの布団への活用」という

健康面への提案をさせていただいたところ

 

数人のお客様から「眠りの質が変わってきたような気がする。」

という反響をいただきました。

 

※個人の感想です。バランスエッグは医療器具ではありません。

 

写真では敷布団に直接貼っていますが

ベッドのフレームやマットレス、すのこの四隅へ貼っても結構です。

  

私個人的には、以前ブログでご紹介した

アーシング」に通ずるところがあるのではないかと思いますが

今後さらに検証していきたいと思います。

 


今回は、車の健康について新たな発見がありましたので

そちらをご紹介したいと思います!

 

みなさん、「ネコ足」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

一部の車好きの間で使われる

「ネコのようにしなやかな乗り心地」

「ネコのようにしなやかな足回り」という表現です。

 

最近の車は足が硬い傾向にあり

路面の突き上げが気になったり、バタバタした乗り味に不満を持たれて

バランスエッグに行き当たったという方が結構いらっしゃいます。

 

そんな方には、バランスエッグの基本使用例

(車体各部への9枚貼り)でも、かなりネコ足に近いことが実現します。

おかげさまで、「お客様の声」のコーナーには

不満が解消されて良かったという声を多数頂戴しています。

 

しかし、誰しも、つい「もっともっと!」を求めてしまうもので

わずかな不満が余計気になったりもします。

 

さすがに軽自動車がベンツのクオリティにはなりませんので

あるところで妥協しなくてはなりませんが

開発者の私としても、できる限りのことはさせていただきたい。

 

そこで、思案していたところ

お客様の一言が大きなヒントになりました!

 

「バランスエッグは、囲むことが大事なんですよね?」

 

そうなんです、1枚でも効きますが

複数で囲むことで「安定した場」が出来、より効果が増すのです。

 

車の四隅を囲むのも、パソコンの四隅に貼るのも

そういう理由からですが

 

最近はズボンのベルトやネックストラップにぐるりと貼って

健康面への効果を実感されている方が増えています。

 

「ん?まてよ!?」

 

それなら、エンジンの空気取り入れ口(エアインテーク)や

ショックアブソーバー(ダンパー)を囲むように貼れば

エンジンや足回りの性能もよりアップするのでは?

 

と考えたわけです。

 

そこで、まずは簡単なエアインテークから試してみることにしました。

一番上は、H14年式 トヨタ プロボックス ディーゼル。

2枚目の写真は、H29年式 ホンダ 新型フリード ハイブリッド。

そして、3枚目はオートバイのKTM390デューク。

 

いずれも4枚貼ることで、トルクアップし、とても乗りやすくなりました。

また、先にお試しいただいたお客様からも、良い報告をいただいております。

 

貼る場所については、2枚目、3枚目の写真の場所

(エアダクトの途中)でも効果は出ていますが

なるべく空気の取り入れ口近く(つまり外側)の方がよいみたいです。

 

また、貼る場所の材質については、ゴム部分でも貼れることは貼れますが

ゴムの「油分」でシールが劣化する可能性がありますので

なるべく樹脂(プラスチック)部分への貼り付けをお勧めします。

 

この後フリードは、ゴムのダクトを外して

中の樹脂部分に貼り替えました。(下の写真)

 

この位置の場合、万が一シールが剥がれても

その後のエアフィルター(エアエレメント)に引っかかって

エンジンにダメージを与えることはありません。

 

誤ってエンジン内に吸い込むことの無いよう

 絶対エアフィルターよりエンジン側には貼らないでください。


さて、エンジンに良いなら足回りにも!

ということで、こちらもさっそく試してみました!

H14年式 トヨタ プロボックス ディーゼルの前後ショックです。

 

この車、商用車のため、かなり足が硬いのですが

バランスエッグを4枚ずつ貼ることで、かなりしなやかになりました。

 

基本の施工方法(ボディへの9枚貼り)が

しっかりとしたボディを作り、車全体の機能を底上げするのに対し

 

今回のショックへの追加施工は

そのベースがあった上で、ショックそのもの動きをスムーズにするから

より効果的なのだと思います。

 

これが、ボディへは貼らずにショックだけでは

それほどでもないかもしれません。

 

いくら足が良く動いても

ボディが豆腐やコンニャクのようにぐにゃぐにゃでは

せっかくの足も生きてこないからです。


ということで、エアインテークへの施工も、ショックへも

あくまでも追加オプションと位置付けます。

 

まずは基本施工の9枚貼りをした上で、さらに上を目指す方に

やっていただけたらと思います。

 

足回りへの貼り付けは手も汚れますし

ジャッキアップするなど面倒かと思いますが

 

スタッドレスから夏タイヤへの組み換えのタイミングに

タイヤ屋さんで貼らせてもらってはいかがでしょうか?

 

両方やると、インテークへ4枚と、ショックへ4x4=16枚

合計20枚(基本パターンも含めると29枚)必要となりますが

 

先日ご紹介した在庫処分品が、まだAmazonに若干残っていますので

(性能は新しいものと全く同じなのでお買い得です!)

ぜひそちらもご利用いただければと思います!

 


目指せ、ネコ足!

 

あっ、写真はどう見ても「ネコパンチ」ですね(笑)