バランスエッグ開発秘話! プロジェクト EGG’s


●もっと車にワクワクを!

 

あなたは今、車にワクワクを感じていますか?

 

自動で車が動くこと。愛車を眺めること。遠くへ出かけること。洗車をすること。

 

免許を取ったばかりの頃は、すべてがワクワク楽しかったですよね?

 

アクセルを踏むと「グ~~~ン!」と加速し、ブレーキを踏むと「キュッ!」と止まる。ハンドルを切れば右に左に自在に曲がるし、高速道路では未体験のスピードに「ドキドキ」したことでしょう。 

 

車に乗れるだけで嬉しくて、愛車を眺めてはウットリし、週末に洗車をし、遠くに出かけるのが楽しみで仕方がなかったのではないでしょうか?


ところが、気が付くとすべてが当たり前になり、走るのが当たり前、止まるのが当たり前、遠くへ行くのは疲れるから電車で。

 

洗車は面倒だし、鳥の糞がついていてもお構いなし(笑)

 

あんなに楽しかった車が、ただの移動の道具となり、日々感じるのは不満ばかり・・・。

 

もっと乗り心地が良かったらいいのに!もっと加速が良かったらいいのに!もっと静かだったらいいのに!もっと燃費が良ければいいのに!もっと快適だったらいいのに!

 

「だいぶくたびれたし、そろそろ新しい車に買い替えようかな?」なんて考えていませんか?


でもちょっと待ってください! わざわざ車を買い替えなくても、あなたの愛車には、まだワクワクが隠されているんです!

 

たった5分で昔の感動が蘇り、新たな感動が怒涛のように押し寄せてくる魔法があるんです!

 

ワォ~~~ッ!この車って、こんなに気持ちよく加速するんだ!!

 

あれ?ゴツゴツした乗り心地が、しっとりマイルドになってる!?

 

お~~~っ!ハンドル切ったら思った以上に「ギュイ~ン」とよく曲がる!!

 

しかも、車体がほとんど傾かずに、なに?この安定感は~~!?

 

高速道路は矢のように直進するし、レーンチェンジはスパッ!と一瞬で決まる!!

 

しかも、思ったほどガソリンが減らない。もしかして燃費も伸びてる!?

 

なんじゃこりゃ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!


という具合に、あまりの変わりように笑いが止まらなくなります(笑)

 

しかも、車を買い替えるには数百万円かかりますが、今の愛車に魔法をかけるのはたった5分、数千円でできるんです!

 

もちろん、古い車だけではなく、新車は新車以上の性能に!

 

でも、従来の方法では実現不可能でした!「バランスエッグ」という魔法に出会わなければ!

 

これは、一人の車好きが魔法に出会い、「ワクワク楽しい理想の車造り」という夢を実現する物語です。よかったらもう少しお付き合いください。


●理想の車造りを夢見て

 

こんにちは、はじめまして。地球にやさしいカー用品専門店「エコ・ドライブ」代表の大賀 猛(おおが たけし)と申します。

 

 

「地球にやさしいカー用品」とは、無闇な部品交換によってゴミを出さず、簡素な部品・素材の付加によって、車の諸性能を維持、向上させるもの。 また、パッケージや製品そのものもゴミになりにくく、長く使えるもの。消耗品であれば、極力寿命の長いものを指します。

 

とは言え、最初から「地球にやさしいカー用品」に的を絞っていたわけではなく、元々はごく普通のカーショップでした。

 

当時の屋号は「富士商会」。小さな個人商店ですが、1968年、私が生まれた年に父が創業した老舗です。

 

私は現在48歳。家業がカーショップのため生まれながらの車好きということもありますが、同世代の方ならお分かりのように、「サーキットの狼」という漫画でスーパーカーの虜になり、その後の人生が決まりました。

 

小学校の卒業文集に「将来は理想の車を造る!」と夢を描き、一浪の末、岡山大学工学部機械工学科に入学。大学時代はオートバイと自動車にすべての情熱を傾け、大学3年の時、見事、自動車メーカーのホンダに就職が内定しました。

 

「憧れのホンダに入ったらカッコいいスポーツカーを作ろう!」とワクワクしていた私でしたが、卒業を目前にして父が脳梗塞で入院。幸い大事には至りませんでしたが、いずれ家業を継ぐことも考えていた私は、ホンダへの就職はあきらめ、1991年の大学卒業と同時に家業を継いだのでした。

 

夢が叶わなかったとはいえ、車いじりが大好きな私にとって、エンジンオイルやタイヤ交換はもちろん、マフラーやサス交換、オーディオの取り付けなど、毎日が楽しくて仕方ありませんでした。

 

高性能パーツへの交換、改造に無上の喜びを感じ、ノーマル車に乗ることなど考えられませんでした。

 

新車を買ったお客さんが、その足で来店され、タイヤ、ホイール、マフラー、オーディオなどを交換することを当然のように思っていたのです。

 

当時はサーキット走行会が流行っており、当店でも開催したことがあります。


●消耗・浪費型の自動車業界に疑問を

 

しかし、あるころから環境問題を意識するようになり、自動車業界や自分の仕事に、疑問や罪悪感を持つようになりました。

 

自動車業界は消耗品によって成り立っているので、次々物が売れないと継続していきません。壊れないもの、長持ちするものではなく、とにかく早め早めに交換させ、たくさん売ろうとするのです。

 

また、日常の足としてエネルギーを消費するのは仕方が無いにしても、改造やスポーツ走行することで、ガソリンやタイヤなどを無駄に浪費し、部品の交換サイクルを早め、排気ガスや多量の廃棄物を作り出します。

 

お客さんの多くは、外したノーマル部品を置いて帰るのですが、気が付くと店の外は「ゴミの山」でした。

 

電球、タイヤ、ホイール、スプリング、ショック、マフラー、オーディオ、スピーカー、プラグ・・・。

 

そのほとんどは新品同様ですが、売るに売れず、処分に困るものもたくさんありました。

 

そんな時に、常連のお客さんが事故で亡くなったのです。

 

原因は分かりませんが、改造を奨励し、スピードへと駆り立てた自分にも責任があると思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

走ることを趣味とし、車いじりを無上の喜びとしていた私は、「自分がしていることは悪いことではないか?この先自分はどうしたらよいのだろうか?」と激しく葛藤するようになりました。


●未来の技術に活路を見出す

 

そして、日々苦悩し、本を読み漁るうちに、「波動」や「マイナスイオン」、「フリーエネルギー」など、未来の技術を知り、自分の仕事に生かせないか?と考えるようになりました。

 

そんなときに出会ったのが、イオン・電子を活用した「SEV(セブ)」というチューニングパーツです。

 

エンジンの吸気パイプとマフラーに巻くだけというその製品は、ゴミを出さず、効果は半永久的、車を買い替えても再利用できるという画期的なものでした。

 

たまたまサンプルを持っていた問屋さんに借りたのがきっかけでしたが、装着直後から飛ぶように走る我が愛車に鳥肌が立ち、正に雷に打たれたような衝撃でした。

 

今から19年前、1997年のことです。

 

私は「これこそが自分の求めていたものだ!」と直感しました!

 

「これからはエコチューニングの時代だ!よそが消耗品を売るなら、ウチは非消耗品を売ろう!簡単、安全、壊れないもの、耐久性の高いもの、寿命を延ばすもの、ゴミの出ないもので最高の車を作り上げよう!」と!

 

もちろん、部品交換でしか実現できないことも多々ありますので、パーツ交換すべてを否定するものではありませんが、「私なりのエコな方法で理想の車造りをする夢を実現しよう!」と決意した瞬間でした。


さてそこで、「これからはインターネットの時代だ!」と思った私は、2002年にホームページを作り、「地球にやさしいカー用品」をネット販売することにしたのです。

 

ショップ名は「エコ・ドライブ」と命名しました。

 

前年、シチズンから同名の時計が売り出された影響が大きいですが、「エコ運転」はもちろん、「環境に優しくも力強いエネルギー、先進的な会社」という意味を込めたのです。

 

それまでの私は、改造を奨励し、峠ばかり走っていたので、友人達からは「何がエコ・ドライブじゃ!」と大いに笑われましたが・・・。

 

そして、2003年に「楽天市場」に出店し、その後次々と新しい商品を発掘、開拓してきました。

 

「ピラミックM7、神業」、「e-WATER」、「雷神シリーズ」、「のび~太&エコピュア」、「JCD アクティブシリーズ」、「PIVOT 3-driveシリーズ」、「GTK」、「HADOO」、etc・・・。

 

残念ながら現存しませんが、最初に代理店となった「ピラミック」シリーズは、私の基礎を作ってくれた素晴らしい製品で、ネットだけでなく実店舗へも、遠方から多くのお客様を連れて来てくれた思い出深い商品です。

 

e-WATER(イーウォーター)」は2003年からの付き合いですが、パワー・燃費向上グッズでありながら、車内の消臭効果、静電気防止効果も併せ持っている稀有な存在として、今なお根強い人気を誇っています。

 

ところで、当店の扱ってきた「近未来型」の商品の多くは、その原理が現代科学では十分説明できないため、「オカルトグッズ」と揶揄されることもありました。

 

しかし、一つのことを追及してきたおかげで、常連のお客様からは「理屈はともかく、エコ・ドライブが扱っているものはハズレが無い。」と言っていただけるようになりました。


●理想とのギャップに気づく

 

そんなこんなで、あっという間に10年以上が経過しましたが、2014年に扱い始めた「HADOO(ハドー)」シリーズが大きな転機となりました。

 

「HADOO」とは、あの「SEV」代理店が、その技術を独自に発展させ開発した商品です。その効果は元祖やライバルを凌駕するもので、瞬く間に大ヒット商品となりました。

 

一つの商品が1万円~数万円するにもかかわらず、ほとんどの人がその魅力に取りつかれ、次々とシリーズ商品を買ってくれるのです。メーカーの開発力も留まるところを知らず、毎月どころか、毎週のようにマイナーチェンジを繰り返し、次々と新製品が登場します。

 

これは売る側にとっては大変ありがたいことですが、その反面、「私の理想の路線ではない・・・」という違和感がだんだん大きくなってきました・・・。

 

というのも、吸気用、排気用、燃料ホース用、ECU用など、個別の部品毎のチューニングになると、どれをどこへ着けたらいいのか、車種ごとの専門知識が必要になります。

 

また、パーツ点数が増え、装着箇所が多岐にわたると、バランス取り、調整が難しくなり、結果的に「改悪」になってしまう場合もあります。

 

現代の車は構造が複雑で、素人が手を出しにくくなっていますし、ただでさえリコールで壊れたりするので、あまりエンジンルームや個別の部品には触らない方がよいと私は思うのです。

 

また、次々とパーツを買いそろえるのは楽しくもありますが、多額の出費がエンドレスで続きます。

 

私の理想とは、とにかくシンプルで、簡単なもの。手が汚れず、安全なもの。流行りによらず、ずっと愛着を持って使い続けられるもの。

 

長年様々な製品を扱ってきましたが、中には取り扱いがデリケートで販売をやめてしまったものもあります。お客様には、面倒な手間や難しい専門知識抜きに、「ポン付け」で美味しいところだけ味わって欲しいのです。

 

これは、20年前にSEVと出会った時からずっと思ってきたことですが、ウルトラマンのスペシウム光線や、水戸黄門の印籠的な「最終兵器」を夢見ていました。

 

「これさえあれば、万事解決!面倒なことやってないで、最初から出しなさい!」みたいな(笑)

 

「あぁ。自分にも最終兵器が欲しい!魔法のグッズを作る才能が欲しい!」という妄想を。


●願えば叶う!夢が現実に!

 

でも、普通に考えるとあり得ませんよね?努力や才能なしで、そう簡単にスゴイ製品は作れません。これまで扱ってきた製品の開発者は、みな天才で特殊な才能の持ち主だと思っていました・・・。

 

しかし、何事も探求して行けば、道が開けるもの!

 

2014年9月、ネットで調べ物をしていると、「図形」の研究をしている人のことを知りました。ある種の図形(模様)によって、空間から無限にエネルギーを取り込んだり、放出したりできるというのです!

 

これは衝撃的なことでした!3次元的な物質ならともかく、平面の図形にもパワーがあるというのですから!しかも、特別な材料は要らず、紙やテープなど身近な材料で実現できるのです!

 

古来より日本には「言霊(ことだま)」という概念があり、言葉にはそれぞれ「力=文字波動」があると考えられてきました。「お守り」や「お札」に力が秘められているのはそのためです。

 

これと同じように、「図形(模様)」にもそれぞれ意味があり、「力=図形波動」があるのです。

●参考図書


そして今度は、「磁石」を研究している人のことを知りました。磁石の並べ方によって特殊な磁界が発生し、機械の効率や燃費がよくなるというのです!

 

四六時中こんなことを考えていたある日、「この二つを組み合わせたらスゴイことが起こるのではないか!」という夢を見たのです。興奮して飛び起きた私は、そのアイデアを急いで手帳に描きとめました!

 

そして、「夢に見た図形(模様)」をアルミテープに書き、車の天井にペタリと貼り付けると・・・。

 

最初の信号で「プスン・・・」とエンジンが止まりました。

 

一瞬焦りましたが、「これはコンピューターが混乱している証拠だな。」と思いました。最近の車は、絶えず空気や燃料、その他の情報をコンピューターにフィードバックしているので、あり得ない情報が入力されると「セーフモード」となり、ロックがかかってしまうのです。

 

ちなみに、車のバッテリーを交換すると、最初エンジンがバラつくことがありますが、これは、それまでの情報がリセットされるため、再学習までに若干時間を要するからです。

 

ということで、エンジンをかけ直した私は、信号が変わるとともに無事再スタート。


 そこからは、正に夢のようでした!

 

車は軽いハンドル操作でクルリと向きを変え、カーブではロールすることなくピタリと路面に張り付いて、まるでレーシングカートの様です。

 

アクセルを踏むとふわりと加速し、まるで路面を滑走するかのように、グングンとスピードを増して行きます。

 

ショックが経たってゴツゴツしていた乗り心地は、まるで路面の凸凹を慣らしたかのようにフラットに。

 

ウソのような話ですが、1枚の図形(模様)を天井に貼り付けただけで、エンジン、足回り、ボディなど、車のあらゆる部分に変化が現れたのです!

その後、車体の四隅を囲むように追加することで、より安定した「場=結界」が形成され、更に性能が上がることが分かりました!

 

とはいっても、自分の感覚だけでは心配なので、何人かの友人にも試してもらいました。すると、やはり私の気のせいではなく、皆が皆、絶賛してくれました。これが、2014年の11月のことです。

 

SEVやHADOO等、これまでのエコチューニングパーツは「金属」や「鉱物」の波動、また「立体的な形状の波動」を活用していましたが、「平面的な図形波動」にも大いなる力があることが証明されたのです!

 

また、たとえ特別な才能が無くても、素晴らしい天才の知恵を借り、組み合わせることで、素人にも画期的なものが作れるということが分かりました!


●魔法のたまご「バランスエッグ」誕生!

 

とはいえ、紙に模様を描いただけでは商品にならないので、それを使いやすい形と美しいデザインにするための努力が必要でした。

 

しかし、これも物知りの友人に知恵を借り、ネットで情報を収集しているうちに、良い素材、方法を見つけることができました。アクセサリーやネイルアートに使用される「UVレジン」というプラスチックで、自由なものを形づくることができるのです。

 

幸い私は子供のころから手先が器用だったので、数々の試行錯誤の上、ついに商品を完成させることができました。当初は、キーホルダー的に穴を開けて使用することを想定していたので、必然的に「たまご型」に。

 

肝心の「図形」は、フィルムに印刷し、たまごの「黄身」の部分に閉じ込めました。外からは見えませんが、内部に秘めても「波動効果」は変わらないことが分かったからです。

 

おかげで、デザインの自由度も高まり、おおよそチューニングパーツとは想像もつかないような、カラフルでかわいらしいアクセサリーができました。

 

使用している素材はプラスチックと市販の印刷フィルムだけ。インクもごく普通のものですから、安全性は言うまでもありません。


「車全体のバランスが整い、古い車も新車のように生まれ変わる魔法の卵」という意味を込めて「バランスエッグ」と命名。

 

そして、いよいよ2015年の3月25日に「楽天市場(※)」で販売を開始しました。全く無名の商品ではありますが、これまで私が扱ってきた商品のユーザーさんなら、きっとその魅力が分かってもらえるはずと信じて。

 

とはいえ、最初の「お客様の声」が届くまでは正直不安もありました。「私は裸の王様なのではないか?自分一人で夢を見ているのではないか?」と。

 

しかし、常連の皆さんがこぞって買ってくださり、新規のお客さんも興味を持って、問い合わせのメールや電話をくださるようになりました。

 

そうこうするうちに、最初のユーザーレビューが投稿され、次々に新しい声が投稿されるようになりました。しかも、こうした製品は、個人の感覚の差が大きいにもかかわらず、ほとんどの方が「五つ星」の評価を!

 

※2015年8月いっぱいで楽天市場は退店(卒業)しました。

また、その後販売を開始したAmazonサイトのお客様のレビューや、メールでありがたいご感想をいただくことも増えて参りました。

 

長年様々な製品を扱ってきて、お客様に喜ばれることほど嬉しいことはありませんが、自分が開発した商品となれば感動もひとしお!本当にありがたいことです!

 

約20年の歳月をかけ誕生した「バランスエッグ」。ようやく私の理想の商品で、車社会の明るい未来のため、お役に立てる時が来ました!

 

バランスエッグ シールタイプ

そして、発売1周年を迎えた2016年4月には、更に使いやすくリーズナブルな「バランスエッグ シール」を販売開始!

 

また、同年6月には、更に小型で応用範囲の広い「バランスエッグ シール・ミニ」もラインナップに加わりました!


●あなたの愛車が夢のアトラクションに!

 

若者の車離れが叫ばれ、魅力的な車が少なくなっている昨今ですが、皆が皆一様にミニバンやハイブリッドばかりでは面白くないではありませんか!

 

エコカーに買い替えるのもよいですが、今の愛車に長く乗り続けのも立派なエコです!

 

バランスエッグがあれば、わずか5分で!古い車も新しい車も、ワクワク楽しい夢のアトラクションに変身します!

 

取り付けはとっても簡単!バンパー四隅と天井四隅、車体中央の9か所に貼り付けるだけ!

貼った瞬間から車内の空気感が一変!

 

エンジンはバランス取りをしたように滑らかに、力強く吹き上がり、古い車は新車の乗り心地が蘇り、新しい車でも、ゴツゴツした乗り味をマイルドに変えてくれます!

 

そして、街中では軽やかに、高速では落ち着いたハンドリングとなり、長距離走行でも疲れにくくなります。

 

唯一懸念されることといえば、運転が楽しすぎて、つい無闇に加速を楽しんだり、家に帰りたくなくなったりすることでしょうか?(笑)

 

未体験の方には想像することも難しいでしょうが、バランスエッグを貼り終えたあなたは、目からうろこが剥がれ落ち、満面の笑みを浮かべていることでしょう!

 

岡山から、世界へ向けて、いよいよ発進!

ワクワク楽しいカーライフのために、ぜひ「バランスエッグ」をお役立てください!

更に使いやすくリーズナブルに!バランスエッグ シールタイプのご注文はこちら!

会社沿革

沿革

1968

現代表:大賀猛誕生。

父:光昭が自動車部品商兼カーショップ「富士商会」を創業。

1991

大学卒業と同時に猛入社。

タイヤ、オーディオ、チューニングパーツ、エアロの交換・取付けに注力。

1993

クラブ「スポルティーポ」結成。

ツーリング、サーキット走行会等企画開催。

1995

廃棄物の山を作り、消費一辺倒の自動車業界に疑問を感じるように。

家族の病気を機に、波動、フリーエネルギーの研究を始める。

1997

イオン・電子を活用した新世代の物質活性化装置「SEV」に出会い衝撃を受ける。

ゴミを出さず再利用可能な、エコチューニングに目覚める。

2002

空気を改質して燃焼効率を改善する燃費向上グッズ「ピラミック M7」代理店に。

自社サイト「エコ・ドライブ」オープン。

ネット販売と店頭施工で、全国からお客様が来店、好評を博す。

2003

クーラント添加型の燃費向上グッズ「e-WATER」代理店に。

株式会社遠州屋より「ピラミック 神業」発売。e-WATER共々大ヒット商品に。

「楽天市場」に出店。通販主体の営業形態に変更。

2006

エコ運転支援装置「e-drive」発売を機に、株式会社「ピボット」と代理店契約。

当時流行のコンデンサーチューン「雷神」シリーズが爆発的にヒット。

SEV代理店の株式会社クレエーション(※後のHADOOメーカー)と代理店契約。

2008

マスコミによるオカルトグッズバッシング。

同業他社(製品)が公正取引委員会より排除命令を受け、廃版、廃業に。

ライバルが淘汰されるも、風評被害で売り上げが大きく減少。

父の死去により代表に就任。

エンジン内部を洗浄する画期的オイルフィルター「ACF」の販売を開始。 

2009

バッテリー寿命延長装置「エルマシステム のび~太、エコピュア」代理店に。

自動車評論家のブログで火が付き、一躍ヒット商品に。

「ACF」の販売元、株式会社JCDの正規代理店に。

2011

株式会社JCDより、燃焼促進ブースター「ACB」発売。新たな定番商品に。

SEV代理店の株式会社クレエーションより、「HADOO(ハドー)」シリーズ発売。

2012

株式会社GTKオートパーツ代理店に。

安価なトータルチューニングパーツ「GTK」シリーズが好評を博す。

2013

「富士商会」から「エコ・ドライブ」に屋号変更。

新発想、粉のオイルチューニング剤「エコナノ」代理店に。

2014

「HADOO(ハドー)」シリーズが大ブレイク。新たな看板商品に。

長年の研究の成果が実り、「図形波動」を活用した画期的製品のアイデアを発案。

2015

3月。念願の自社オリジナル商品「バランスエッグ」発売。

8月。「楽天市場」を退店。自社サイト、及びAmazonに主軸を移し再スタート。

2016

2月。新技術の搭載により、全てのバランスエッグシリーズが大幅パワーアップ。

4月。より使いやすく、お求めやすい「バランスエッグ シール」発売。

6月。小型で利用範囲の広い「バランスエッグ シール・ミニ」発売。

10月。静電気の影響を軽減「バランスエッグ ES(アース・スタビライザー)」発売。(※販売終了いたしました)

10月。磁力のサポートで伝搬力をアップ「バランスエッグ プレミアム」発売。(※販売終了いたしました)